1. TOP
  2. 生活習慣病
  3. 糖尿病を扱う名医、何を基準で選べばいい?

糖尿病を扱う名医、何を基準で選べばいい?

生活習慣病
この記事は約 10 分で読めます。 1,220 Views

糖尿病は一度発症すると短期間で治すのは難しく、軽度なものであっても長期的な通院が必要になるという認識をしなければなりません。

一方で糖尿病治療はどこの病院でも同じレベルのものが受けられるということはなく、治療を受ける病院選びにおいては長期的な通院に適した信頼できる病院であることだけでなく、高度な治療を行える態勢が整っているか否かも確認しておく必要があります。

今回は、糖尿病治療をどのような病院で受ければ分からないという悩みをお持ちの方向けに、病院選びのポイントをご紹介します。

▼【ベストセラーを無料プレゼント中!】今すぐに糖尿病を改善したい!3日で血糖値を下げる方法

糖尿病専門医がいる病院へ行く

糖尿病治療は定型的なものではなく、医師が患者の体に生じている症状や進行具合などの条件に応じて臨機応変に治療方針を決定していくこととなります。

そのため、医師に治療方針を決定するための十分な知識や経験が備わっていなければ、適切な治療を施せず重症化してしまうこともあるかも知れません。

このことから、糖尿病治療を受ける病院を選ぶ際には糖尿病の治療に精通した医師が在籍しているかどうかをチェックするのが重要です。

糖尿病治療に限らず、医師の特定の疾病に対する専門性の有無を確認する際には専門医の肩書があるかどうかが重要な基準となります。

糖尿病に関していえば、「糖尿病専門医」の肩書がある医師ほど糖尿病治療に精通しており、より充実した治療が期待できるといえます。

このような医師個人の肩書は病院のホームページで公表されていることが多く、病院選びにおいてはいくつかの候補を挙げ、それぞれの医院のホームページを比較してみるのがよいでしょう。

ちなみに、糖尿病専門医とは日本糖尿病学会が認定している医師を対象とした資格のことで、認定を受けるためには内科あるいは小児科で規定の研修を受け、それぞれの学会で認定医もしくは研修医の資格を取得したのち、糖尿病に関する研修を3年以上受けると共に、レポートの提出や専門医試験への合格といった課題をクリアしなければなりません。

また、この研修中には指導医のもとで実際に診療経験を積むことから、認定を受けた段階で専門医は医師としての十分な力を身につけています。

糖尿病専門医に出会うためには、その医師が在籍している病院から探すのが効率的ですが、この方法だと医師の人間性や患者さんとの接し方などの細かな部分に関しては受診前に確認することが難しく、この点を不安に感じる方も多いかもしれません。

このような不安を解消するためには、医師が行うセミナーに参加してみるという方法もあります。

糖尿病専門医が行うセミナーは各地域の公民館などの施設で行われていることが多く、「市民公開講座」や「糖尿病教室」などといった名称で呼ばれることもあります。

このようなセミナーに参加すると、実際に治療を行っている医師の話を聞くことができるため、その内容だけでなく受講者の質問への受け答えなどから信頼できる医師かどうかを見極めることもできます。

この方法で信頼できそうな医師が見つかれば、あとはその医師が在籍している病院へ行くだけですので、ホームページに掲載されている情報を比較する方法に比べると若干手間はかかりますが、よい医師を見つける上ではより確実な方法といえるでしょう。

また、よい糖尿病専門医に出会うためには、その認定を行っている日本糖尿病学会のホームページ(http://www.jds.or.jp/)を見てみるのもおすすめです。

特に日本全国を対象とした糖尿病専門医の検索機能は、最寄りの病院にいる専門医を探す際に重宝することでしょう。

 

研究・論文の実績がある医師がいる病院に行く

単に糖尿病治療といっても実際に行う治療法は多種多様にあり、生じている症状や進行具合に応じて医師が最適な治療法を提案することとなります。

また、このような糖尿病患者に対して行われる治療法は医療の発展に伴って日々増えているという現状もあります。

しかしながら、いくら糖尿病治療の種類が増えていても医師に新しい治療を行うための技術や知識がなければ結局は従来の方法でしか治療を行えず、患者さんにとっては選択肢が少なくなってしまうというデメリットがあります。

よって、糖尿病治療を受けるための病院選びにおいては、新しい治療法に対応できる医師が在籍しているかどうかも確認する必要があります。

医師というと患者さんの診療だけを行っているというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、特に大学病院などに在籍している医師の中には新たな治療法を考案するための研究を行っている方も少なくありません。

そして、そのような研究を行っている医師ほど新しい治療法にも対応しているという傾向があります。

このことから、病院に在籍している医師が新しい治療法に対応できているかどうかを見極めるためには、その医師が行った研究や発表した論文を調べてみるのがよいでしょう。

医師がそれまでに行ってきた研究や発表した論文の詳細は病院のホームページで公開されていることが多く、その内容が理解できなくても、研究期間が長く論文の数が多ければある程度の安心材料になるでしょう。

ただし、これらの研究や論文に関する情報を調べる際には、それが糖尿病に特化したものであることをしっかりと確認しなければなりません。

また、上述した日本糖尿病学会では月に一回の頻度で学会誌を発行しており、そこには糖尿病治療に関する研究結果の報告が多数掲載されています。

これらの報告には実際に研究を行った学会認定の専門医の名前も記載されていることから、それらの医師が在籍し実際に治療を行っている病院を探してみるというのもよいでしょう。

このほか、糖尿病治療に関する研究の最新情報は、上述した日本糖尿病学会のホームページを小まめにチェックすることでも得られます。

特に新しい治療を行う上では医師がその治療法について熟知していることだけでなく、患者さんがその治療法の特性をよく理解することも重要となるため、信頼のおける医師が見つかり実際に治療を開始してからもこちらのホームページをチェックし、最新の治療法に関する知識を身につけるようにするとよいでしょう。

 

▼【ベストセラーを無料プレゼント中!】今すぐに糖尿病を改善したい!3日で血糖値を下げる方法

 

口コミや評判がいい病院に行く

飲食店へ行く際にネット上に掲載されている口コミや評判を参考にするという方も多いことでしょう。

現在ではこのような口コミ・評判が掲載されているサイトは医療分野においても多くなっており、実際にその病院で治療を受けた方の声も簡単に閲覧できるようになっています。

糖尿病治療に限ったことではありませんが、病院選びにおいてはできるだけ多くの情報を集めることも重要といえることから、このようなネット上の口コミ・評判も参考にする価値は十分にあります。

特に第三者が感じた問題点は病院や医師が気づいていないことである可能性もあるため、より多くの視点から病院のよし悪しを判断できるという点で大きな意義があるといえるでしょう。

以上のような口コミ・評判を探す際には、全国の病院の情報を掲載しているサイトなどを利用するのがおすすめです。

このようなサイトの中には会員登録をしなければ口コミを書き込めないところも多く、その分軽い気持ちで書き込まれたものが少ないと考えることができます。

また、このようなサイトを複数利用してそれぞれに掲載されている口コミを比較していけば、それらの口コミの信憑性もある程度推し量ることができるでしょう。

このようなネット上の口コミ・評判を比較する方法には、治療の効果に関することだけでなく、病院の対応や医師の人間性を知ることができるというメリットもあります。

上述したとおり糖尿病治療は長期的に受け続けなければならなくなることも多いため、より長く、良好な関係を築ける病院・医師を見つけるという点でもこの方法には大きな意味があるといえそうです。

一方、ネット上の口コミ・評判を比較する際に気をつけなければならないのが、それらが本当にその病院で治療を受けた人によるものであるのかどうかという点です。

いくら会員しか口コミを投稿できないサイトであっても、システム上「サクラ」が治療を受けていないにもかかわらずよい口コミを投稿することは可能であるため、そこに掲載されている口コミは事実ではないかもしれないという前提を持つことは忘れないようにしましょう。

また、その口コミ・評判が病院探しにおいて役に立つものか否かを判断する上では、それを書いた人の身元が分かる状態になっているかどうかも非常に重要です。

特に糖尿病のような重病を患った方による口コミはインタビューのような形で記事になっていることもあるため、場合によっては回答者の写真なども掲載された記事が公開されている医療関係の情報サイトなどを探してみるのもよいでしょう。

このほか、口コミ・評判の信憑性を判断する方法としては、よかった点・悪かった点の内容が具体的であるかどうか、あるいは、実際に受けた治療の内容が詳しく記載されているかどうかといった点を確認するのも有効となります。

 

患者側の話を聞いてくれる病院に行く

糖尿病の治療は新しいものでなくても多種多様にあり、医師によって提案する治療計画・方針は異なります。

そのため、糖尿病治療における病院選びではその病院に在籍している医師がどのような治療計画を提案しているのかを患者さんがある程度知っておかなければなりません。

医師による治療計画の提案に関して特に気をつけたいのが無難な治療を押し付けてくる医師です。

このようなタイプの医師は症状に応じた綿密なプランニングを行っていないことが考えられることから、場合によっては治療費が無駄にかかってしまうかもしれません。

なにより、患者さんに応じた「オーダーメイドの治療計画」を立ててもらえないことは病気を治す上でも大きなデメリットとなるでしょう。

このような無難な治療をされてしまうことを避けるためには医師選びを慎重に行うことも重要ですが、医師に対して患者さんが治療に関する希望をしっかりと伝え、不明な点について相談することもまた重要です。

しかし、医師の側に患者さんの声に耳を傾ける意思がなければ、いくら治療方法に関する希望や不明な点を伝えても治療のプランニングに反映してもらうことができなくなってしまいます。

以上のことから、これらの問題を根本から解決するためには、患者さんの話をしっかりと聞いてくれるかどうかを見極めることが医師・病院選びにおいては重要といえます。

一方で、医師がどのような姿勢で患者さんと接し、治療を行っているのかはホームページやネット上の口コミだけでは分からないこともあります。

このことから、より信頼できる医師を見つけるためには実際に病院へ足を運び、医師と話をしてみるのもよいでしょう。

この際には医師が患者さんの話に耳を傾けてくれるかどうかという点だけでなく、治療法に関する具体的な説明を行ってくれるかという点もよく確認するようにしましょう。

また、糖尿病の治療では投薬治療を行うことが多いですが、使用する薬の種類は医師によって異なることが多いため、なぜその薬で糖尿病を治せると考えるのかを根拠を示した上でしっかりと説明してくれるかどうかは医師自身の信頼度を測る上でも重要な基準となります。

逆にいえば薬に関する説明をしっかりと行わない医師は上述した無難な治療を行う可能性が高いということもできるため、医師に接見した際には薬に関する質問もいくつかしてみるとよいでしょう。

患者さんにとって医師とは病を治すためのサポートをする存在といえます。

しかしながら、それ以前に患者さんと医師は互いに一人の人間であり、長い治療を行う上では二人の間に強固な信頼関係が築かれていなければなりません。

医師が患者さんの話に耳を傾けてくれるかどうかを見極めることは信頼関係を築く最初の段階で必要なことであり、言い換えれば治療の最初期段階における病院選びにおいても不可欠なことであるといえるでしょう。

 

まとめ

糖尿病のような重病を患ってしまった方は可能な限り権威のある「名医」の治療を受けたいと考えることでしょう。

しかし、名医とは必ずしも治療技術が高くそのための経験・知識も豊富である医師のことを指すのではなく、それらと同時に患者さんからの信頼を得るだけの人間性が備わっていることも求められます。

以上のことから糖尿病治療を行ってもらう名医を見つけるためには、まずは名医がどのような医師を指すのかを正しく認識しその条件に合った医師をここでご紹介した方法で探すのがよいでしょう。

 

▼糖尿病を徹底解説!血糖値・インスリン・糖尿病合併症・糖尿病専門医・食事療法の記事まとめ

▼【ベストセラーを無料プレゼント中!】今すぐに糖尿病を改善したい!3日で血糖値を下げる方法

 

\ SNSでシェアしよう! /

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

薮内直純

薮内直純

株式会社イコールヒューマン。生活習慣病専門ライター。医療や医薬品に関する誤解を解き明かしながら、真実を追求した記事を提供中。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 健康維持のため!年齢に応じたカロリー摂取を心がけましょう

    • 肝臓がんの症状の一つ「腹水が溜まる」ことの怖さ

    • ケガだけじゃない!膀胱がんが労災認定されたケース

    • 卵巣がんに注意|悪性度が低くても油断は禁物

    関連記事

    • 食生活の欧米化で急増している「大腸がん」

    • 痩せる運動のポイントは【心拍数】にあり!

    • 正しい糖質制限ダイエットで気になるお腹周りをスッキリさせよう!

    • 「糖尿病」ではなく「糖脳病」である意外な事実とは?

    • 糖尿病網膜症は50~60代の失明原因 第1位!検査方法と治し方

    • 「インスリン」の歴史|治療に使われ始めたのはいつごろ?