1. TOP
  2. 生活習慣病
  3. サプリより優秀!?さつまいものダイエット効果

サプリより優秀!?さつまいものダイエット効果

 2015/12/19 生活習慣病
この記事は約 5 分で読めます。 1,381 Views

健康的にダイエットをするなら、サプリなどに頼るより自然の食材を選びましょう。さつまいもはダイエット中の味方になってくれるうれしい食材です。

さつまいもの成分  satsumaimo

美味しい食材として誰もが知っているさつまいもですが、実はダイエット中の悩みを解消してくれる大きな味方となってくれる成分を多く含んでいるものです。どのような成分が入っているのか見ていきましょう。

その1 食物繊維

まずは多くの人が知っている食物繊維が多く含まれているという点です。ダイエット中は食事量が減ることで便秘になりやすいですし、体の中の不要なものを外に出しやすくなってしまいます。そのため、食物繊維を多くとることでお通じを良くしていく必要があるのです。その食物繊維がさつまいもには多く含まれているのです。また、腸の働きをたすけるヤラピンという成分も皮の近くに含まれています。お通じが良くないと感じている方は積極的にさつまいもを口にしてみるとよいでしょう。

その2 カリウム

また、ダイエットをしていてもむくみが取れないという方は、カリウムが足りていないこともあります。さつまいもはカリウムも含まれていますので、むくみ対策としても役立ちます。体の不要なものを流してくれるデトックス効果があります。

サプリなどでこうした成分を摂ろうとするより、さつまいもで摂る方が健康的といえるかもしれません。

その3 ビタミン

また、さつまいもにはビタミンが豊富に含まれています。ビタミンB群は脂肪を燃焼させてエネルギーとしてくれる効果がありますし、ビタミンCはダイエット中に肌が荒れがちだという悩みをカバーしてくれる成分です。こうした健康に役立つ成分が豊富に含まれているため、さつまいもは美味しく食べながらもダイエットをしようとする人の大きな力となってくれるのです。

じゃがいもと比較

S-002_jagaimo

さつまいもとよく似た食べ物としてじゃがいもを連想する方も多いでしょう。確かにイモという面では似ていますし、様々な料理に使うことが出来る汎用性も共通しています。主食替わりともなる使いやすい食材として取り入れることも容易です。

じゃがいもにもさつまいも同様豊富なビタミンなどが含まれています。一見同じようではありますが、さつまいものほうが含まれている成分や量が多いことから、さつまいものほうが優れているともいえます。さつまいもはじゃがいもよりも同じ量当たりの食物繊維やカリウム、カルシウムなどのミネラルが多く含まれています。

スイーツとしてのさつまいも

shikkarisatsumaimo

また、さつまいもは糖分も多く含まれていて、甘みを感じやすいです。そのため、食べた時の満足感も得やすいというメリットもあります。じゃがいもなどのほかのイモ類と比較してみても、甘さや食べやすさは格段に違うのではないでしょうか。食材としてだけではなく、スイーツ感覚で食べることもできるという点で、つらくなりがちなダイエットを強力サポートしてくれるはずです。こうした食べ方のバリエーションという面ではじゃがいもよりもさつまいもが優れているでしょう。

イモ類にはそれぞれ風味や魅力があるものですが、とくにさつまいもはその中でも栄養的に大きな魅力があるものといえます。サプリなどに頼ろうとすると、栄養素の過剰摂取なども心配になります。やはりこうした自然の食品で栄養豊富なものをサプリの前に取り入れていくことが必要でしょう。

食べ方について

img7953e545s7m1v3

多くの人が何らかのさつまいも料理を食べたことがあるはずです。最もおすすめなのが、主食のご飯と置き換えるような形です。甘さもあり満足感が高いにもかかわらず、同じ量のご飯よりも栄養豊富でカロリーが低いのです。食物繊維も多いので、体の中をスッキリさせてくれます。食事の満足感を損なわず、必要な栄養をきちんととれるという事はダイエット中のつらさを軽減してくれるでしょう。

さつまいもは特に皮の部分にも栄養が多く含まれています。そのため、皮まで食べられるような調理法が良いでしょう。栄養をしっかり取ることが出来、サプリにも負けない効果を得ることにつながるはずです。熱を加えても成分が変わらないものも多いので、蒸したり焼いたり煮たりという調理で楽しんでいきましょう。熱を加えることで甘みが増すため、食べた時の満足感が高くなるという事もうれしい点です。甘みが強くなることを考え、調理の際には砂糖などを控えめにしておくことをお勧めします。

間食に取り入れてみる

ti

ごはんの一部として食べることはもちろんですが、間食に取り入れるという事も良いでしょう。ダイエット中は間食を控える方が多いですが、あまり控えてしまうとストレスにつながります。甘みが強く体に良い成分が多く含まれているさつまいもなら、間食として食べてみても良いでしょう。上品な甘さがあり、スイーツの材料としてもよく使われる食材です。さつまいも本来の甘さを活かした形で食べてみてください。

まとめ

さつまいもには食物繊維やビタミンなど、ダイエットに役立つ成分が多く含まれています。甘みがあって食べた時の満足感も高いため、食べることを控えざるを得ない時には大きな味方になってくれます。食事の一部としてだけではなく、間食などに取り入れることもできます。自然な甘さがストレスを癒してくれるでしょう。ダイエット中でも積極的に取り入れたい食材です。

 

▼健康的にダイエット!肥満・生活習慣病・食事法・有酸素運動・ダイエット法の記事まとめ

▼今すぐダイエットを始めたい!1ヶ月で-10kgのダイエット法

 

\ SNSでシェアしよう! /

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

薮内直純

薮内直純

株式会社イコールヒューマン。生活習慣病専門ライター。医療や医薬品に関する誤解を解き明かしながら、真実を追求した記事を提供中。


    この人が書いた記事  記事一覧

    • 検診や人間ドックで、癌は早めに発見できる!

    • 血糖値が高いことは身体にどう悪いの?高血糖で降り掛かるデメリット

    • 食事制限&投薬のスタイルに変化あり!最新の糖尿病治療法!

    • 風邪やたばこのせいにしがちな「肺がん」

    関連記事

    • 糖尿病を予防・早期発見するために健康診断や血液検査が必要な理由

    • 糖尿病治療最前線!お医者さんに聞いた3つの基本

    • もったいないから捨てられない!汚部屋化の原因が精神疾患というケースも

    • 糖尿病初期の危険サイン?糖尿病のリスクを高める「食後血糖値」とは

    • 空腹時血糖値って何?正しい測定条件と正常値

    • 高脂血症(脂質異常症)を徹底解説! コレステロール・中性脂肪・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中の記事まとめ