1. TOP
  2. 生活習慣病
  3. 血圧や血糖値を下げる効果もあった!万能野菜○○に含まれる硫化アリルとは?

血圧や血糖値を下げる効果もあった!万能野菜○○に含まれる硫化アリルとは?

 2016/03/15 生活習慣病
この記事は約 7 分で読めます。 1,763 Views

野菜のなかでも、玉ねぎは、食卓に登場する回数が多い家庭の常備野菜といえますが、生食のほか、煮たり、炒めたり、蒸したり、そして、焼いたりと、さまざまな調理法で食べられることから、日本では、とても身近でポピュラーな人気の野菜ともいえます。

そんな親しみやすく使いやすい玉ねぎには、血圧を下げたり、血糖値の値を正常化するなど、多くの健康効果があることで知られていますが、さらに、女性にとって嬉しい効果の紫外線から肌を守ったり、アンチエイジングの成分による美容効果や、脂肪を蓄積させないダイエット効果などもあることがわかっています。

その成分は、玉ねぎを切ったときに目に染みる刺激の正体でもある栄養成分、硫化アリルで、調理の時には厄介な存在のこの栄養素は、実は、血液をサラサラにして血栓を防いだり、血圧や血糖値を下げる健康効果も高いうえ、デトックス効果で美肌に導く働きもある、優れた成分だったのです。

玉ねぎの栄養成分とダイエット効果

lgf01a201312280900

玉ねぎには、血圧を下げる効果など多くの健康効果があると言われ、主な栄養素は、リン、ビタミンB1、ビタミンC、β-カロテン、葉酸、カリウム、食物繊維ですが、玉ねぎ特有の強力な成分では、血圧を下げる効果のほか美容や、ダイエットにも高い効果を発揮します。

それは、玉ねぎ特有の栄養成分の代表格、硫化アリルとケルセチン、硫化プロピルで、特に硫化アリルは、にんにくやニラにも含まれ、その白い部分に含有していますが、ケルセチンは、茶色い皮の部分に多く含まれ、硫化プロピルは、生の玉ねぎのみに存在している成分です。

そして、硫化アリルは、ビタミンB1を活性化する働きによって、糖質を素早くエネルギーに交換する力がアップし、糖質を脂肪へと蓄積させることをさせずに、肥満を防止したり、既に付いてしまった脂肪の分解や燃焼効果、発汗作用で高いダイエット効果が期待できます。

血圧を下げる硫化アリルの健康効果と美容効果

m9

玉ねぎの硫化アリルの健康効果として、胃の消化液の分泌を高め、胃の働きを改善したり、血栓を防いで血液をサラサラにし、血圧を下げる効果がありますが、血液はサラサラに流れていないと血管内に傷が付き、血栓ができて動脈硬化になる可能性が高まり、高血圧や糖尿病になるリスクが上昇していきます。

硫化アリルは、コレステロールの代謝を促進して動脈硬化を防ぎ、ビタミンB1の吸収と活性化を促し、新陳代謝を活発にします。

また、白血球、リンパ球の働きを助けて免疫力をアップしたり、美容効果では、新陳代謝を活発にして体内の毒素を排出するデトックス効果で、美肌を促進する効果が期待できます。

さらに、紫外線から肌を守り、シミやシワなどの光老化のダメージに負けない肌を作るなど、強力な抗酸化作用をもつ硫化アリルは、アンチエイジング成分として活躍する成分のひとつです。

小さな玉ねぎが血流を改善して血圧を下げる

images

玉ねぎの辛味成分の硫化アリルや硫化プロピルは、血栓を溶かして血液をサラサラにして、血圧を下げる効果のほか、血糖値を下げる効果や、豊富な水溶性食物繊維により、便秘改善の期待もできます。

そして、喘息や花粉症などのアレルギー疾患や不眠症などにも効果が期待できます。

また、硫化アリルはビタミンB1の吸収を促進するため、ビタミンB1を含む食品を一緒に食べると、とても効果的で、血液の流れを良くして血圧を下げる効果が高くなり、高血圧の改善が進みます。

さらに、血行が良くなることで、肩こりやむくみ、冷え性の改善につながり、食欲増進や、美肌、美髪などの美容面での効果も現れます。

このように、小さな玉ネギが、血圧を下げる効果や糖尿病予防はもちろんのこと、血流の改善によって、体温を上昇させ、免疫力を上げたり、ダイエット効果にも優れた効き目をもたらします。

血圧を下げ、アルツハイマーも予防するケルセチン

sick_ninchisyou_alzheimer

玉ねぎの外側の茶色の皮には、ポリフェノールの一種であるケルセチンが多く含まれていて、その含有量は、ブロッコリーやほうれん草、りんご、蕎麦よりも多いと言われていますが、そんなケルセチンには、強力な抗酸化作用があり、脳細胞の酸化を防ぎ、アルツハイマーを予防するという効果もあります。

また、活性酸素を除去して、筋肉の減少を抑制し、ビタミンCの吸収を助け、過酸化脂質を防いで、動脈硬化を予防したり、脂肪の吸収を抑制します。

そして、抗酸化作用が強い成分として、ビタミンEが有名ですが、それより、遥かに強力な力を持っているのがケルセチンで、その強い抗酸化作用で、活性酸素を除去し、紫外線のダメージから肌を守り、さらに、皮膚のバリアの強化作用による抗ヒスタミン作用で花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーに対する効能や、腸内環境の改善にも効果的なのです。

玉ねぎの皮には血圧を下げる効果がある

arrow440

日本では、国民の3人に1人が血圧が高かったり、高血圧予備軍と言われ、血圧を下げる食べ物や飲み物が多く氾濫するなか、負担が少なく、毎日、手軽に続けられる食べ物として、玉ねぎがあります。

玉ねぎは、血圧を下げるだけでなく、血液をサラサラにしたり、血糖値を下げる効果があると言われていますが、摂りすぎることで重大な副作用が出る心配もほとんど無いことが魅力で、美容と健康のために、安心して、積極的に摂りたい野菜といえます。

そして、血圧を下げる効果を期待する場合には、皮に有効成分が含まれているため、皮を煮出してお茶にする方法もありますが、難しかったり、面倒であれば、市販もしています。

また、血糖値が高い人ではミネラル不足があり、野菜に含まれるミネラルはインスリンの糖代謝作用を助ける作用があるため、積極的に摂取して糖尿病の症状の改善につなげましょう。

玉ねぎの効果的な食べ方と食べ過ぎに注意

lgi01a201308090000

圧倒的な効能があるケルセチンは、捨てないで、よく洗ってから水で茹でることで、栄養が溶け出した健康スープになりますが、玉ねぎの加熱により成分は変化し、その効果が変わり、加熱調理では、肥満や生活習慣病の原因となるコレステロールや中性脂肪などを低下させる効果があります。

また、含有するプロピルアリルジスルフィドとサイクロアイリンの二種類の硫黄化合物は、生の玉ねぎからの摂取により、血液中の糖の代謝が促進され、血糖値の上昇を防ぎます。

このように、健康に優れた効果がある玉ネギですが、過剰摂取すると体調不良となることもあるため、生で大量に食べることは控え、一日の摂取目安である、四分の一個、約50g程度の適量を守りましょう。

なお、加熱した玉ネギは、食べ過ぎても体調を崩すことは少ないのですが、健康や美容に良い食品でも、過剰摂取には注意しましょう。

まとめ

どこの家庭にも常備している普通の玉ネギは、適量を効果的に食べることで、大きな健康効果や美容効果、そして、ダイエット効果があることがわかっています。

それは、玉ネギの強力な成分が血栓を溶かして、血液をサラサラにし、血圧を下げる効果や血糖値を改善するほか、喘息、花粉症などのアレルギー疾患や不眠症、さらには、アルツハイマーの予防にも効果をもたらします。

そして、玉ネギの成分の抗酸化作用で、悪玉活性酸素を除去して、動脈硬化の予防や進行を阻止したり、脂肪の吸収を防ぐダイエット効果により、スリムな身体の維持に貢献します。

また、玉ネギの成分は、疲労回復や白血球、リンパ球の働きを助けて免疫力を上昇させたり、新陳代謝の活発化によって、体内の毒素を積極的に排出させるデトックス効果で、腸内を改善して、便秘を治したり、紫外線のダメージから肌を守るアンチエイジング成分としての働きも行います。

 

▼高血圧を徹底解説!血圧・血管・塩分・高血圧合併症・高血圧治療薬・食事療法の記事まとめ

▼今すぐに高血圧を改善したい!3日で血圧を下げる方法

 

\ SNSでシェアしよう! /

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

薮内直純

薮内直純

株式会社イコールヒューマン。生活習慣病専門ライター。医療や医薬品に関する誤解を解き明かしながら、真実を追求した記事を提供中。


    この人が書いた記事  記事一覧

    • 検診や人間ドックで、癌は早めに発見できる!

    • 血糖値が高いことは身体にどう悪いの?高血糖で降り掛かるデメリット

    • 食事制限&投薬のスタイルに変化あり!最新の糖尿病治療法!

    • 風邪やたばこのせいにしがちな「肺がん」

    関連記事

    • 3大死因の原因にもなる?!知らないと怖い「生活習慣病」の予防法と基礎知識

    • 糖尿病を予防・早期発見するために健康診断や血液検査が必要な理由

    • 血便は直腸がんのサイン!すぐに医師の診察を

    • 食物繊維を摂れば摂るほど便秘になる!

    • 知らないと怖い!仕事中に血圧が上昇する「職場高血圧症」ってなに?!

    • 再発しやすい癌の部位とは?