1. TOP
  2. 生活習慣病
  3. 食事はできる?食道がん手術後の栄養の摂り方

食事はできる?食道がん手術後の栄養の摂り方

食道がんは食事に大きく影響する部位に発生するため、食道がんの治療後はそれまでと同じように食事ができるようになるのか、食事がとれなくなってしまったらどうするのか、といった治療後の食事について多くの不安や悩みが出てくることでしょう。

ここでは、食道がんではどのような治療法が選択できるのか、どのように治していけば良いのか、治療が終わったあとはどんなことと向き合って行かなければならないのか、といった治療方法から治療後の注意点をご説明していきます。

▼【ベストセラーを無料プレゼント中!】今すぐガン対策を行う!1ヶ月でガン細胞を死滅させる食事法

食道がんの治療方法

食道がんの治療はがんのステージや発生した部位や患者さんの希望や他の病気の有無といった全体的な状態などを総合的に判断しながら治療方針や治療方法を決定していきます。

治療方法には大きく分けて内視鏡治療、放射線治療、手術、薬物療法(化学療法)の4つが挙げられます。

患者さんの状態によってそれぞれの治療方法を単独、もしくは組み合わせて治療を進めていきます。

○内視鏡治療

粘膜内にとどまっている食道がんを食道内視鏡で食道の内側から切除する治療法で、多くは内視鏡治療はリンパ節転移が認められないステージ0の早期がんに適応されます。

粘膜下層へ生理食塩水やヒアルロン酸ナトリウムなどを注入して病変部分を浮き上がらせた後、高周波電流を用いて切除します。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)と内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の切除方法があり、いずれも基本的に全身麻酔の必要はなく比較的体への負担が少ない治療といえます。

また、摘出後の検査でリンパ節転移の可能性が高い場合はその他の方法を追加して治療を続けることになります。

○手術

ステージⅠ~ステージⅢの食道がんの治療として用いられます。

がんが粘膜下層に達している、または外膜や周辺組織まで広範囲に広がっている、あるいはリンパ節転移がある、といった段階が認められるといったケースでは標準の治療法として手術での治療が選択されます。

どの部分にがんが発生しているかによって切除する部分が異なりますが基本的にはがんを含めた食道および胃の一部、リンパ節を含む周辺組織などを切除します。

食道を切除した後、食道の代わりとなる場所を作る再建術(バイパス手術)が行われます。

バイパス手術では胃や腸の一部が使われます。

一般的な再建手術では胃を円筒状に形成して持ち上げ頸部に残った食道とつなぎます。

また、標準治療として手術前にはがんを小さくするための薬物療法(抗がん剤治療)を組み合わせて行われます。

○放射線治療

ステージⅡ・Ⅲにおいて体の状態から見て手術を受けることが困難な患者さんや、患者さん本人が手術を希望しない場合には放射線治療が選択されます。

手術と違って食道、胃、声帯の機能を温存できるため治療後の生活への影響を少なくすることができます。

放射線治療はX線、γ(ガンマ)線、電子線などの放射線をがんに照射してがんを小さくしたり、がん細胞を消滅させたりする目的で行われます。

同時に化学療法を取り入れることで、より高い効果が期待できます。

また、放射線治療ではまずはがんの消滅を目指す根治照射が取り入れられますが、痛みや食道の狭窄、周辺臓器への圧迫などの症状を和らげるために緩和照射が行われる場合もあります。

○薬物療法(化学療法)

薬物療法抗がん剤を投与する治療です。

ステージⅠからⅢ、Ⅳ期の一部に対して行う根治的科学放射線療法、ステージⅡからⅢの術前・術後に行う化学療法、ステージⅣに対して行う化学療法などがあります。

がんを小さくする作用を持つ細胞障害性抗がん剤を投与して全身に作用させ、がんの増殖や成長を抑制し転移や再発を防ぎます。

抗がん剤は点滴によって投与し、主にフルオロウラシル(5-FU)、ネダプラチン、シスプラチン、ドセタキセル、パクリタキセルが使われます。

 

食道がんの治療を行った後に起こる問題点

食道がんの治療の中でも切除手術は体に及ぼす物理的な負担が非常に大きいため、治療後もさまざまな後遺障害が起こることが予測されます。

そのため患者さん本人はもちろんそれを支える家族や周囲の人たちも手術後に起こりうる後遺症について知識を持っておき、パニックにならずに対応できるような態勢や心の準備をしておくことが必要になります。

食道がんの手術では食道や胃の一部などを切除するため、その後に食べ物が通るルートを新たに作る再建術が行われますが、再建手術後に飲食に関する様々な問題が起こる可能性があります。

○食道の通り道が変わり食事量が減る

手術をした後は胃や腸を食道の代わりとして使われます。

食事の通るルートが変わってしまうため、しばらくの間は取れる食事の量が減少します。

このことから、必要十分な栄養が取れなくなり栄養不足に陥る可能性があります。

あまりにも栄養状態が悪い場合は、点滴による栄養補充などの対応策が取られることもあります。

○飲み込む力が弱まる

治療後は食道や胃の機能が弱まるため嚥下力(飲み込む力)が弱くなってしまい、食物を飲み込んだときにむせてしまうことが多くなります。

しばらくは治療前と同じ食事を取れないと考え、1日数回に分けて少量ずつ食べやすいものを食べるなど食事の形態にも工夫することが必要になります。

○誤嚥による肺炎の確率が上がる

嚥下力が弱くなることから、食べ物や唾液などが気管に入ってしまう誤嚥が起こりやすくなります。

通常であれば誤嚥があってもむせて排出することができるのですが、食道がんの手術のあとはこの反射機能が鈍ってしまう、あるいは痛みのせいでうまく吐き出すことができなくなります。

気管から排出されなかった食物や唾液が肺に入り込むと「誤嚥性肺炎」が引き起される可能性が高くなります。

○食事がつかえる

再建術の際につなげた食道と胃や腸とのつなぎ目から食物や消化液が漏れる、または放射線治療や内視鏡の影響などによって食べ物が通る部分が狭くなったなどの理由から食事がつかえやすくなります。

食道がんの手術後は食事を中断して様子を見る、つかえが治まったら少量ずつゆっくりと時間をかけて食べるようにしてください。

また、場合によっては再手術を行うことになります。

○胃酸や消化液が逆流して食道炎になる場合がある

食道がんの手術を受けた場合は食道や胃の一部が切除されます。

食道には胃からの逆流を防ぐ役割を持つため食道切除でこの機能がなくなります。

そのため、食物や胃液などが胃から食道に逆流してしまい逆流性食道炎を引き起こしてしまう可能性があります。

食後すぐに横になると食物や胃酸などが逆流してむせてしまうことがあるため、食後30分は横にならないようにして夜間の睡眠時は上半身を高めにして寝るなどの対策を取りましょう。

○ダンピング症候群が起きる

ダンピング症候群とは、胃にいったん食べたものを貯めて徐々に小腸へと送り出すという胃の働きが失われたために食べたものが急速に小腸に流れ込んでしまうことで起こる症状です。

食事後すぐに起こる早期ダンピング症候群と、食後2~3時間してから起こる晩期ダンピング症候群があります。

動悸、めまい、冷や汗、顔面紅潮、全身倦怠感などの他、腹痛、下痢、嘔吐、悪心などの腹部の症状や、手の震えなども出ることもあります。

ダンピング症候群の予防としては、食事を少しずつ、ゆっくり食べること、水分を一気飲みしないことなどがあげられます。

 

▼【ベストセラーを無料プレゼント中!】今すぐガン対策を行う!1ヶ月でガン細胞を死滅させる食事法

 

治療後の栄養の摂り方①治療後の体に合わせたメニューで食事

食道がんの治療後はものがうまく飲み込めないという症状が出るため、飲み込むときにむせる、治療の影響で食欲が落ちる、食べ物の通り道が狭くなりつかえるようになるなど色々な影響がでます。

治療後の弱った体力を戻すために栄養を摂らなければという気持ちになるかもしれませんが、食べることが辛くなってしまっては精神的な負担が増えてしまうので、あまり焦らずにゆっくりと少しずつ回復食を進めていきましょう。

○治療後の食事の再開

治療後に食事を再開するときはまずゼリー状の食べ物で経口訓練をすると、その後の誤嚥性肺炎の発症率が下がるとされています。

経口摂取(口から摂り入れること)を行ってもむせる心配がないことを確認できたら流動食を開始します。

また、消化能力が落ちているため、またダンピング症候群を防ぐためにも1回の量は少なめに1日4~5回に分けて食事を取るようにします。

○調理には食べやすくなる工夫を

メニューは消化がよく胃に負担をかけないものを考えて煮物・蒸し物・汁物を中心にした栄養バランスのよい献立を考えるようにしましょう。

煮物はよく煮てやわらかくし、汁物や水分の多いものはかたくり粉やとろみ剤などでとろみをつけると食べやすくなります。

固形のものはみじん切りで細かくする、ミキサーにかける、裏ごしをする、すりつぶす、ペースト状にするなどして嚥下がしやすくなるよう工夫をしてください。

○食道がん治療後に向かない食べ物

パサパサしているものやポロポロした食べ物はむせる原因になるので食道がん治療後の食事には向きません。

また、消化の際に胃腸に負担のかかる食物繊維は避けましょう。

狭窄がある場合は狭くなった部分に貼り付いて喉をふさいでしまう恐れがあるので、海藻類、海苔、焼き肉や刺し身にも注意が必要です。

逆に、麺類はツルツルと飲み込んでしまいがちなので短時間で多くの量を摂取してしまう恐れがあります。

麺類はできるだけ避けるのが望ましいでしょう。

○食べ方の工夫やリハビリテーションも

食事の際にむせてしまうのを防ぐのには食べるときの姿勢も大切です。

上体は45~60度程度に起こし、あごを引いた姿勢で食べるようにします。

飲み込むときにあごを引くようにするとむせにくくなりますが、飲み込みにくさには個人差もありますので看護師さんなどに確認しておくと良いでしょう。

誤嚥やむせることを防ぐ大切なポイントは少しずつゆっくりと食べることです。

自宅で食事を開始する前に、嚥下リハビリテーションを受けるのも良い方法です。

 

治療後の栄養の摂り方②口以外から栄養摂取

食道がんの治療後には治療の影響で口から十分な栄養を摂れなくなってしまう患者さんもいます。

食べ物の通り道の狭窄で詰まりやすくなったり、誤嚥が増えて肺炎を繰り返したり、飲み込むことが困難、化学療法の副作用で食べることができないなど、さまざまな理由から食事ができなくなってしまうのです。

こうした状態になった場合、口以外からの栄養摂取を考えなければなりません。

○経管栄養法とは

食べられないときの栄養補給というと点滴を思い浮かべる方が多いと思いますが、長期的に口以外からの栄養補給が必要になる場合は点滴よりも体への負担が少なく安全な「経管栄養法」という方法を取ります。

経管栄養法には経鼻胃管、胃瘻(いろう)、腸瘻(腸ろう)という方法があり、栄養を補給するための管を挿入する経路によって呼び方が変わります。

・経鼻胃管

鼻から胃へとチューブを通し、そこから栄養剤を注入します。

・胃ろう、腸ろう

胃や腸に穴を開け、そこに栄養剤や流動食を直接送り込むためのチューブを取り付ける方法です。

胃ろうや腸ろうを作るための手術は「PEG(ペグ)」と呼ばれ、局所麻酔と内視鏡を用いて行います。

15分から30分程度で終わる手術で入院も短く術後4日前後で入浴もできるようになります。

○胃ろうや腸ろうのメリット

胃ろうや腸ろうでは口からチューブを入れるわけではないので、胃ろうや腸ろうをつけても並行して口から食事をすることができるため経鼻胃管や中心静脈栄養などの経管栄養法以外の方法と比べると体への負担が少ない栄養補給方法なのです。

もともとは十分な栄養が摂れない状態の患者さんが体力を回復するまでの間の一時的処置として行われていたものですが、現在ではがん患者や高齢者の栄養補給のためにも行われています。

胃ろうや腸ろうによって十分な栄養が摂取されて体力が取り戻されれば、口から食事を摂取できるようになる人もいますし最終的には胃ろうが必要なくなる人も6%ほどいるとされています。

中には胃ろうを使いながら普通に生活をし、中にはスポーツを楽しむことができている人もいます。

○胃ろうや腸ろうのデメリット

まず安全な手術とはいえPEGにも細菌感染などによる合併症のリスクがあります。

また、体調や病気などで免疫力が低下したときに胃ろうや腸ろうの周辺の皮膚がただれてしまう、あるいは栄養剤の逆流などが起きてしまうこともあります。

他にも、胃ろうが下痢、便秘、肺炎などの体調不良の原因になることもあります。

さらに、半年に一度のカテーテル交換や専用の栄養剤の接続や注入は看護師が行わなければならないため、高齢者用の施設などでは入居が難しくなる、といったデメリットもあります。

○設置には患者と家族の意思の確認が重要

胃ろうや腸ろうを取り入れる際は患者さん本人の希望や意思を最も尊重して決めることが重要です。

例えば、まだ若く治療後には体力の回復が十分に見込める患者さんであれば術後の回復を早めるための一時的な措置として積極的に取り入れるということもあるでしょう。

実際に欧米ではこうした考え方が主流で、食道がんなどで栄養失調になってしまう場合の改善策として術前術後に胃ろうを利用するなど治療の一環として考えられているといいます。

しかし高齢の患者さんではそこまで体に負担をかけて延命したくないと胃ろうを選ばない選択をする人も見られるのも事実です。

このように、患者さん本人と家族の意見や主張が相容れない場合もあるため、胃ろうや腸ろうを選択するかどうかについては本人、家族、医療スタッフを交えてしっかりとした話し合いの場を持ち後悔しない形で決めることが大切です。

 

まとめ

もしも食道がんにかかってしまっても早期であれば内視鏡で切除することができ、食道や胃の機能を保ったまま治療を進めることができます。

しかし手術をする場合は、食道や胃の一部を切除する必要があります。

そのため、手術後の後遺症や食事での取り組みや胃ろうの利用など治療中に対処しなければならない様々な問題も発生します。

特に栄養補給の問題をどうするかは患者さんがしっかりと自分の意思で決定できるうちに家族で話し合って決めておくことが重要です。

 

▼がんを種類別(部位別)に解説!がんの特徴、症状、検査方法、進行度、治療法の記事まとめ

▼今から始めるがん対策!がん予防・三大療法・代替療法・抗がん剤・がん細胞・食事療法の記事まとめ

▼【ベストセラーを無料プレゼント中!】今すぐガン対策を行う!1ヶ月でガン細胞を死滅させる食事法

 

\ SNSでシェアしよう! /

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

木村 哲也

木村 哲也

株式会社イコールヒューマン代表取締役。生活習慣病の権威者である崇高クリニックの荒木裕院長と提携し、主に生活習慣病に関わる様々な情報を広く分かり易く提供中。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 発覚までのきっかけや症状は?膵臓がんの検査と転移について

    • 子宮がんになりやすい人は?子宮体がんの受診のタイミングと検査内容について

    • 食事はできる?食道がん手術後の栄養の摂り方

    • 食べ物以外が原因の高血圧もある!二次性高血圧とは

    関連記事

    • 気づかないうちに進行している「肝臓がん」の怖さ

    • 放射線治療の歴史|癌治療に使われたのはいつから?

    • 食後血糖値を上げる要因は何か?急上昇を防ぐための方法

    • 糖尿病を徹底解説!血糖値・インスリン・糖尿病合併症・糖尿病専門医・食事療法の記事まとめ

    • 咽頭がんの主な症状と治療法(上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がん)

    • 女性のがんのトップである「乳がん」