1. TOP
  2. 生活習慣病
  3. 双子の統合失調症になる確率と遺伝との関係、筋トレの効果について

双子の統合失調症になる確率と遺伝との関係、筋トレの効果について

精神病と言われるものはストレスなどが原因で、遺伝の割合は少ないというケースが多いです。

しかし、統合失調症に関しては精神病の中では遺伝との関係性が高いと言われています。

ここでは、このような統合失調症と遺伝との関係について、そして、統合失調症など精神疾患の改善や予防で注目されている「筋トレ」の効果についてご紹介します。

双子の統合失調症になる確率と遺伝との関係

片親がもしも統合失調症であった場合には10%、両親が統合失調症の場合は40%の確率で遺伝すると言われています。

双子は二卵性か一卵性かによるのですが、二卵性の場合は双子の片方が統合失調症の場合は50%、一卵性の場合で片方が統合失調症の場合にはもう片方もほぼ100%統合失調症になるというように報告されています。

このように遺伝との関係は比較的多めです。

もちろん遺伝だけと関係があるわけではないですし、遺伝の中でもいろいろな部分があります。

上述のようなデータは生物学的な観点というよりはむしろ統計的なものです。

なので、脳がもともとそうなっているというのもあるでしょうが、思考回路が似てくるなどの原因も考えられます。

家族の場合は当然生活を共にするので、考え方などの引き継ぐ部分が大いにあるでしょう。

その際に、統合失調症的な思考であれば同じようなことになる可能性があります。

厳密にそのような思考回路なのかというのは判明していないのですが、精神病というのは脳の作用なので、当然「脳の使い方の癖」による影響が大きいのです。

「脳の使い方の癖」というのは「考え方」と言われるような部分のことです。

 

統合失調症の原因と「思考」について

統合失調症の原因は脳の「神経伝達物質」の不具合ですが、これは思考が原因で起こることも珍しくありません。

考え方などと脳の神経伝達物質の問題は相互に関連しあっています。

ですので、統合失調症の遺伝子を持っているからといって諦めずに「思考を鍛えていく」ということが重要です。

「ポジティブシンキング」のようなものも多少は効果があるでしょう。

精神病になるときというのは、統合失調症も含めて気持ちがマイナスになっているときです。

そもそもマイナスになりやすいのが問題なのか、マイナスになった際に落ちやすいのかということがありますが、これはどちらも良くないです。

すぐにマイナス思考になるのも良くないですし、そこから戻ってこれないというのも危険でしょう。

もともと精神病になりやすいものを持って生まれていても、引き金がなければ発症しません。

引き金というのは一つの事象だけでなく、環境要因にしても同じです。

 

統合失調症の対策・予防に「筋トレ」

統合失調症になるリスクが高いと感じる人は予防を行う必要があります。

統合失調症も含めて精神病全般への予防法というものがあります。

これはかなり効率的で、生物学的に考えても効果抜群で、これ以上はないようなものなのですが、日本ではそんなものは統合失調法の予防法にならないというような感じにとらえられます。

しかし、肉体や精神に与える影響を考えれば、非常に有益であることが分かります。

その具体的な方法というのが「筋トレ」です。

筋トレと統合失調症に何の関係があるのかという話ですが、筋トレは体のほぼすべての機能を高めます。

肌や内臓も当然含まれており、筋肉をつけて代謝、血流を上げることで、成長ホルモンが増えて脳内の神経伝達物質のバランスも整います。

これはまさに統合失調症の予防法として最適でしょう。

 

なぜ筋トレは統合失調症に有効なのか?

成長ホルモンや「テストステロン」というのは、精神を前向きにする力が非常に強いのです。

ですので、筋トレを行うことは体も健康的になるので一石二鳥でしょう。

本当は一石二鳥なのではなく、脳も体の一部なので一緒に機能が高まるというのがあります。

日本人は「頭の良さは勉強」と考えがちですが、脳の最大酸素摂取量や脳の代謝というのは無関係です。

しかしながら、これらの脳の「臓器としての機能」と「感情」というのは密接に結びつきます。

感情のコントロールは、思考法というように考え方で抑制することができます。

しかしこの方法は自分の感情を押し殺すことになるのでストレスが溜まりやすいでしょう。

しかし、運動によって脳の機能そのものを高めれば、自然に沸いてくる感情がプラスになるので、わざわざ沈んだ気持ちを高めることなどが不要になります。

統合失調症のときは直接的な症状は幻覚などですが、その根底には「強い不安」や「マイナスな感情」が存在します。

筋トレによって内臓の機能を高めることで脳の機能も高まるのでまさに不安などに対して強くなります。

筋トレの過程で考え方が変わったというよりも、単純に、筋肉によって内臓の機能が高められているから勝手にそうなっている、とみる方が分かりやすいでしょう。

私たちは忘れてしまいがちですが、脳も「内臓の一種」です。

「考える」という作業も結局は内臓の一種を使うことなので、いくら考えてもその内臓の機能そのものを高めるのが難しいことは想像しやすいでしょう。

 

マッチョな人は統合失調症になりにくい?!

「脳の使い方を上手くする」ということと、肉体として「脳の力を強くする」というのは、また別の話になります。

そして、知識を身に付けたりそれを運用するのは「脳の使い方」の範疇なのですが、「脳の機能」というのはどちらかというと感情面にダイレクトに反映されます。

この機能はトレーニングによって爆発的に高まるのです。

例えば、マッチョの精神はタフな場合が多いので、統合失調症にも当然なりにくいと言われます。

鍛えずぎた場合、統合失調症どころか、むしろ前向きになりすぎて困るということになります。

つまり、筋肉がつくとかなり気持ちが前向きになるので、良くない状況でまで余裕が出てしまうことがあります。

 

無酸素運動のメリットとは?

このように統合失調症や精神疾患全般に対して筋トレは有効なのですが、有酸素運動はどうなのかという問題があります。

有酸素運動に関してはやっている間は体に多少の負荷が掛って良いのですが、負荷が軽いためにどうしても日常生活の延長のようになります。

これは追い込んだとしても、日常生活の延長で疲れたような感じです。

もちろん有酸素運動は運動不足解消になるだけでなく、様々なメリットがありますが、筋トレほど爆発的に体の機能を変えていく効果はないかもしれません。

日本人は有酸素運動を好みますし、また無酸素運動でマッチョになりすぎるということを嫌がりますが、しかしそれほど簡単にマッチョにはなりません。

無酸素運動のメリットは、成長ホルモン、テストステロンの分泌によって全身の代謝や血行が促進されます。

なので肌がきれいになることや、脳が活性化するという大きなメリットがあります。

また、それによって上述の通り精神が好転する場合も多いです。

もちろん、統合失調症はすべてが解明されているわけではないので、筋トレで全てが解決できるというように断言はできません。

ただ、自分でできる対策として非常に有益であることは言えるでしょう。

なお、日本ではまだこのような筋トレの効果が認識されていないのですが、たとえばアメリカでは日本より知られています。

適正な効果を知ったうえで、何を採用していくのかというのは大切です。

 

統合失調症や全ての病気・症状への一番の対策とは?

「朝日の光を浴びる」というのは統合失調症にも有効です。

人間は日中活動するようにできており、朝日を浴びることでセロトニンが分泌されるのでドーパミンの機能も整います。

統合失調症などの対策を考えると、どうしても薬や医師の診断が必要と構えがちですが、基本がもっとも重要です。

統合失調症にしても精神が不安定になっているということは、体の機能が乱れているということです。

薬を処方する前に、この乱れを修正することが重要で、そこを忘れてはいけませんし、最初から生活習慣を整えることは統合失調症の対策においても必要なのです。

これらができている前提で、筋トレを行うことで体の機能を高めるということです。

よく何の病気には何の対策をというようなことが言われますが、自然で整った栄養を摂って生活し、トレーニングをして体を鍛えるというのが一番の健康対策なのです。

イメージとしてはアメリカのエリートサラリーマンをイメージすると良いでしょう。

朝は早起きをしてジムで筋トレをして、スーツを着てメリハリをつけて仕事をし、夜は早めに寝るということです。

もちろん筋トレといってもジムにはいかずに自宅でのトレーニングで良いですし、スーツは着なくても良いです。

なのですが、イメージとして、このように整っていて、かつある程度のメリハリのある生活というのは、体も脳も強くしてくれるということです。

体と脳を強くすれば、統合失調症も含めてあらゆる精神病や体の病気の予防になります。

たとえば基礎化粧品で肌を整えたりするということは重要ですが、外部から表面的にできることは限られていますので、適切に栄養を摂って筋肉を鍛えるということで肌は整います。

皮膚というのは当たり前ですが、体の中から作られます。

ですので、一番外の皮膚にだけ化粧水をつけることには限界があります。

もちろん効果はあるでしょうが、このように内から整えるためには食事や筋トレ、睡眠が重要であることを忘れてはいけないでしょう。

 

まとめ

病気にしても肌荒れなどにしても、体を内から整えるということに目を向けることが非常に大切です。

応急処置も必要ですが、すぐに薬や基礎化粧品に頼るだけでなく、自分の機能を高めることが重要です。

そして自分の機能を高めるには、整った生活を送ると調子が良くなります。

そして、さらに体の機能を高めるには筋トレが有益です。

このようなことは誰しも行った方が良いことなのですが、遺伝的に統合失調症になりそうというような場合や、他のものにしても何かしらの病気の危険があれば、なおさら体の機能を高めておくことと良いでしょう。

 

▼うつ病を徹底解説!統合失調症・精神疾患・神経伝達物質・薬物療法・食事療法・周囲の接し方の記事まとめ

▼今すぐ精神疾患を克服したい!うつ病・統合失調症が一週間で良くなる方法

 

\ SNSでシェアしよう! /

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50歳を過ぎたら生活習慣病ナビ |糖尿病・高血圧・肥満・ガン・うつ病などの生活習慣病を予防・改善する為の総合情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

薮内直純

薮内直純

株式会社イコールヒューマン。生活習慣病専門ライター。医療や医薬品に関する誤解を解き明かしながら、真実を追求した記事を提供中。


    この人が書いた記事  記事一覧

    • 血圧を下げるのは有酸素運動!お手軽な運動で血圧を正常化しましょう

    • 検診や人間ドックで、癌は早めに発見できる!

    • 血糖値が高いことは身体にどう悪いの?高血糖で降り掛かるデメリット

    • 食事制限&投薬のスタイルに変化あり!最新の糖尿病治療法!

    関連記事

    • 絶対に知っておくべき癌の放射線治療の効果と副作用とは?

    • 糖尿病の三大合併症の「糖尿病性神経障害」ってどんな症状?

    • あなたも糖尿病予備群?!今日から始める糖尿病予防・対策

    • 痩せる運動のポイントは【心拍数】にあり!

    • 血圧を下げるのは有酸素運動!お手軽な運動で血圧を正常化しましょう

    • 糖尿病予備群は要注意!耐糖能異常・境界型糖尿病ってなんのこと?